MENU

妻特有の抜毛の原因

女性に特有の抜毛の原因としては、婦人ホルモンの分泌本数の低下による抜毛があります。これは加齢や分娩にてエストロゲンやプロゲステロンが分泌されなくなってしまうことによって抜毛・薄毛にが生じるものです。エストロゲンはヘアーが育つのを促進するホルモンであり、プロゲステロンは生えたヘアーを維持するホルモンとされています。

 

AGAってよばれる男性等級抜け毛症は、男性ホルモンが育毛の効果を妨害することによって薄毛・抜毛に陥るものです。その意味で、こういう2つはおんなじ抜毛・薄毛といったいえどもさっぱり別のきっかけによるものだということが分かります。別のきっかけなので、別々の対策をする必要がありますね。効力がありそうだからといって女性がメンズの育毛小物に手を出してもさほど効力が見込めないのはこのためだ。

 

婦人の薄毛・抜毛は婦人ホルモンがカギとなります。分泌が減ってしまったエストロゲンやプロゲステロンなどの婦人ホルモンをどんなに又もや昔の適正な規準で分泌できるかにて、薄毛・抜毛が直るかどうかが決まります。こういう婦人ホルモンの分泌をサポートするのが育毛剤などに先頭達する育毛小物というわけですね。女性が育毛小物を選ぶ時折、その産物が自分の婦人ホルモン分泌をうながす作用があるかどうにかで見極めましょう。

 

婦人ホルモンを分泌させるためには?

では、婦人の薄毛・抜毛の主たる原因である婦人ホルモンの分泌本数の低下にはどのようにして処置するればよいのでしょうか。何をすれば若かりし時のように婦人ホルモンを十分に分泌させ、いわゆる婦人らしさを再び獲得することが出来るのでしょうか。

 

第一にするべきことは、ルーティンの再考だ。頑強・健全なルーティン無しにはホルモンばらまきが再考達することもありません。忙しい現代社会を通じる女性には苦しい職場なのかもしれませんが、見込めることから多少なりとも取り組んでいくべきです。敢えて言われなくても当たり前の職場かもしれませんが、栄養十分な料理、適度なスポーツ、しっかりとした安眠。これらの最初を続けるのが第一です。

 

第二にするべき職場としては、緊張の回避だ。出社やファミリーなどの緊張の原理を除くは一朝一夕では難しいかもしれません。その代わりに蓄積した緊張を散らす施策を見つけましょう。憂さ晴らし法というヤツですね。同士との講演、カラオケ、クラブ、アロマオイル。なんでも良いので、ストレスから解放されるホビーを握りしめましょう。

 

以上の2つを前提として、はじめて育毛剤などの育毛小物が効果を発揮するステップとなります。仮に高価な育毛小物によるところで、ルーティンや緊張をたとえしないことには薄毛・抜毛の面倒は解決できません。最近では婦人向けの育毛小物もやたらと発売されていますが、こういう普通を忘れないようにください。

 

産後抜毛に効果的な育毛剤クラス

産後抜毛の最前へ